おっさんずラブが好き!

ドラマ「おっさんずラブ」の細かすぎるレビューブログ。OLの深い沼にハマって当分正気に戻れません。ほぼおっさんずラブの話題しかないかもしれない。ネタはバレまくりなのでご注意を。

コロナ罹患者のワクチン接種2回目

 こんばんは。今宵も閲覧いただきありがとうございます。

 さて、先日の日曜日、表題の通り、2回目の接種を受けてきました。




 1回目と同じ大規模接種会場。シャトルバスで到着後、受ける人たちが続々と降りて、粛々と会場の奥へと向かっていく。

 スタッフが適宜、

「ハイ、1番へどうぞ~!」

「次の方、5番へお願いします!」

「あなたは4番へ行ってください!」

とテキパキ案内してくれる。

 行くと、身分証と予約票を提示して、本人で間違いないか、項目はきちんとチェックされているか、記入内容に問題はないかをさっと確認され、

「ハイ、OKです! では矢印に沿ってお進みください」

と示される。

 もう、アレですわ。ベルトコンベアーに乗って運ばれていくお菓子になった気分。

 ともかく全てが効率よく運ばれ、1秒たりとも時間のロスは許されない感じ。




 11時の予約のところ、バスを一本逃して、着いたのが11:10だった。

 でも、11:00~11:30の予約グループで区切って作業がなされていくので、この方がタイムロスがなく、ちょうどよかったみたい。

 11:30予約の人たちはまとめてブースに入れられ、待たされていた。

 早め早めに行動するのは日本人のいいところだと思いますが、ワクチン接種に限っては、そんなに早く行かない方がいいみたいです。




 2回目は、注射自体は本当に全然痛くなかった。

「ちょっとチクッとしますよー」

と言われたけど、「チク」とも感じなかった。

 会場に入ったのが11:10で、終わったのが11:20。速!!

 そんで、「11:35」と書いた札を持たされて、出るまで椅子に座って待機。

 時間が来たらまた、

「11:35となりました。このラインの方はもうお帰りくださってOKでーす」

とスタッフに指示される。




 私が行った限りでは2回とも、具合が悪くなった人はいなかった。(まあ滞在時間が短いから何とも言えんが)

 周りにも、接種して重篤な症状が起こった人はいない。

 それでも、ほんのわずかな確率とは言え、重い症状が出たり亡くなったりする人はいるのだ。

 因果関係が分からない以上、もうこれはロシアンルーレットだと腹を括るしかないな…と、そんなことをつらつら考えながら椅子に座っていた。




 接種当日は何ともなく、元気だったので、そのまま買い物して帰った。

 早々に寝たんだけど、夜中に目が覚めて、計ってみると38.5℃ほど。

(あーあ、やっぱ出たかー)

 と思ったものの、そのまま寝た。




 そんで翌日。

 37℃代に落ち着いていた。熱のうちに入らんな。上がったり下がったりしてるみたいで、時々火照った感じがするけど、大したことはない。

 1回目のときにはなかった腕の痛みと、関節の痛みが発現。注射を打った左腕が痛い。挙手のポーズを取ってみると、肘が肩と同じ高さになったところで上がらなくなる。

 あと、身動きすると、全身筋肉痛みたいな痛さがあって、

「イテテテ…」

と唸りながら立ったりしていた。

 まあでも、恐れていたほどのことはなく、その症状も1日で済んだ。




 一度コロナに罹って治った私は、そうでない人よりも元々ウィルスへの抗体があるはず。

 それが、2回ワクチンを接種して、一体どうなっているのか自分の身体ながら知るよしもないけれども、より強力な免疫を獲得しつつあるのだと信じたい。




 大規模接種会場で2回ワクチン接種を受けて、つくづく思うのは、

「関係者の皆々様、本当にありがとうございます」

という感謝の気持ちだ。

 会場のスタッフさんたち、ドクターや看護師さん、そして運営している人たち、皆さん本当にお疲れ様です。




 買い物に立ち寄ったショッピングモールは、緊急事態宣言が取り下げになった後とあって、家族連れやカップルや友人グループでごった返していて、すっかり元の通りに戻った感があった。

 でもみんな、ちゃんとマスクをしている。店に入るときは検温し、手をアルコール消毒している。

 並ぶときもソーシャルディスタンスを守っている。

 みんな真面目だ。頑張っている。

 このままコロナが収束してくれるといいなあ。

月の夜に霹靂一閃

 こんばんは。今宵も閲覧いただきありがとうございます。

 今夜は月が綺麗ですね。

 先月は、せっかくの名月の晩、こちらは薄曇りだったので、美しい満月を鑑賞することが出来ず無念であった。

 今宵は晴天。

 真っ黒な夜空に、銀色の盆のように浮かぶ十五夜の月を眺めることが出来ました。

 満足。




 ……であるが、ですよ。




 いきなり寒すぎん??



「いつまで経っても暑い」と文句を言ったのは、ほんの数日前の話。

 だって、真夏の服装で外に出て、(ふー、今日も暑いわ…)と額の汗を拭いながら出勤していたんですよ。つい先週まで。

 確かに、

「来週から気温がぐっと下がるでしょう」

気象予報士さん達も予言していた。予報士さんたちの読みは確かだった。GoodJob!

 じゃなくて。

 下がるにしたって下がり方っちゅーものがある。30℃近くまであったなら、まずは手堅く23~24℃辺りが次のステップというものではなかろうか。

 それなら、

「わあ、一気に涼しくなったねえ!」

と突然の秋の訪れに驚きつつ、冷暖房がいらない過ごしやすさを堪能しつつ、

「食欲の秋です!」

とか言って美味しい店巡りをしたりとか、酷暑とコロナに疲れた我々も癒されようというものだ。

 それが、急に13℃とかまで下がられてもさあ。

「もう10月やで?」

と、いつまでも続く暑さを訝っていたのに、

「……まだ10月やで…?」

てなった感じ。

「ほどほど」とか「中庸」とか「グラデーション」という言葉を知らんのか。

 いや、誰に文句言ってんだか分かんないんだけどさ。

 ぶつぶつ。




 まあ、お天気という天然自然の理に物申しても仕方ないので、体調を崩さないよう、色々と対処しておる次第です。

 服装が一番困りますよね。朝は上着が要るくらいひんやりしていても、電車に乗るとむっと蒸し暑かったりする。そんで汗かいて、外に出ると、今度は北風が冷たかったり。困るわー。

 いつも以上に栄養に気をつけて、運動で体温を上げて、きちんと睡眠を取るようにしております。




 ところで、前の記事にも書いたけど、私はこないだから今更来たブームのせいで鬼滅の刃とか鬼滅の刃とか鬼滅の刃とかしか見ていないので、頭の中が割と「鬼滅」一色なんである。

 だもんで、「満月」とくればもう、アレですよ。那田蜘蛛山編で善逸が見せた「霹靂一閃」ですよ。

 主人公竈門炭治郎の仲間である我妻善逸、鬼殺の剣士でありながら、前代未聞の弱虫キャラで、戦場に足を踏み入れる前にビビって動けなくなるわ、それで置いていかれて逆ギレするわ、ネチネチ愚痴をこぼしたところを鎹雀(?で合ってるのか?)のチュン太郎に諫められてまたキレるわ、その珍道中で遂に恐ろしい兄蜘蛛に出逢ってしまい、

「イイィヤアァーーー!!!」

と汚い高音で絶叫しまくるわ、もうホント、敵であるはずの兄蜘蛛の

(なんだコイツは……)

という呟きに百万回頷きたくなるオトボケ野郎なんだけど、恐怖のあまり気を失うと、眠れる善逸の秘められた実力が覚醒する。

 兄蜘蛛の毒液攻撃にも、ワラワラ湧いて出る人面蜘蛛の飛びかかり攻撃にも一歩も引かず、研ぎ澄まされた集中力で繰り出す技、それが「霹靂一閃」。

 この場面がもう、本当に秀逸で、「鬼滅の刃」のアニメを制作するufotableの変態魂が炸裂しておる。

 

「雷の呼吸、壱の型……霹靂一閃――六連!!」

 

 稲光の速さで日輪刀を閃かせ、兄蜘蛛の首を断つ。

 満月を背に浮かび上がる眠れる善逸の姿。それまでとのギャップが凄すぎて、何度見ても鳥肌ものにカッコイイ。



鬼滅の刃」は、鬼が夜行性であるからして、舞台はほぼ夜なんですよね。

 今日みたいな満月の晩は、どうしても「鬼滅」のどこかしらの場面を思い出してしまう。

 中でも、この「那田蜘蛛山編」は、満月をバックにした名場面が数多くある。

 瀕死の善逸の元に胡蝶しのぶが舞い降りるシーンも、夢のように美しくて好き。



 まあでも、「鬼滅」を見終わった後つくづく感じるのは、

 

(鬼がいない世界でよかったぁーー!!)

 

 

 という安堵ですけどね。笑




 あ、ちなみに、下弦の伍である累を侮って、

「テキトーな鬼倒して出世してやる」

とうそぶいて秒殺でバラバラにされた鬼殺の先輩剣士は、「サイコロステーキ先輩」とあだ名がつけられているのを知って笑いました。

 やっぱ、ヲタクのネーミングセンス半端ないわ。

 

 

 こんな調子で、今「鬼滅」について語り始めたら語りたいことはしこたまあるんですが、さすがに第一話からなぞる時間も根性もないので、まあ、おいおい書いていこうかと。

 

近況報告。

 こんばんは。超ーーーお久しぶりです。

 こんなに記事の更新が滞ったのは、ブログを始めて以来のことですね。

 こんな過疎ってるブログにも覗きに来てくださる皆さまがいらっしゃって、有難いことこの上なし、でございます。ご心配おかけしていたら申し訳ない。

 元気に生きております。

 ちょっとブログどころではない色々な事どもに襲われておりましたが、本体は元気です。



 いや、こないだから(そろそろブログ書きたいなあ)とは思っておったのです。

「いつの間にかすっかり秋になりましたね!」

的なタイミングをはかっていたのですが、いつまで経っても暑い。

 いや、かすかに秋の気配を感じたこともあったはずだったんだけど、ちょっとすると

「あれ? また暑くない…?」

てなって、夏がいつまでも終わらない。何だこれ。

 天気予報によると、明日からようやく気温が下がるらしいですが、この暑さちゃんと終わるんかホンマに。

 秋が来るときって、大抵くるっと「ハイ! こっから秋ですよ~!」的に、いきなり冷え込むけど、ここまで暑さを引きずった後だと、疑心暗鬼になってしまうわ。

 温暖化怖い。




 めちゃくちゃ行楽日和の秋晴れの今日、私は朝から何をしていたかと言うと、掃除して掃除して掃除してました。

 料理には割とマメな方だと思うけど、家事の中でも「掃除」に関しては、あんまり情熱を燃やせないというか、必要が生じるまで極力やりたくないというか、そのー、まあ端的に言って「キライ」なんですね。

 断っておくが、「汚部屋」ではない。なんか腐ったニオイがするとか、部屋の隅に謎のキノコが生えてるとか、そんなことはないんだけど、物が散らかってるのは平気なタチなんだな。

 散らかってるけど、どこに何があるかは大体把握している。だから始終何かを探さないといけない、とかそういうこともない。

 前の家に住んでたときは、強制的に掃除せざるを得ないよう、定期的に友達を読んで食事会を開催していたんだけど、今の家は辺鄙なところにあるので、わざわざ遠方から来てもらうには気が引ける。

 なので、引っ越してきて以来、色んな物たちが自由奔放にそこら中に鎮座しているわけです。




 今日はなぜだか朝からスイッチが入った。

 急に(……あそこの隅っこ気になるな……)と、掃除機をかけたら止まらなくなった。

 整理して、整頓して、掃除機かけて、拭いて、合間に洗濯して、洗濯物畳んで、また別のところ整理して掃除機かけて……と、結局半日くらいは掃除に費やしてしまった。

 普段やらないことやると、なんかものすごく

「ちゃんとやった」

という達成感を得られますね。笑

(わー、片付いた。私頑張った……!)

 的な。




 あ、そんで、ブログの記事がなかなか書けなかったのには、某漫画の沼にズブズブにハマり込んでいたせいも4割くらいあるのですが、それについてはまた稿を改めます。




 というわけで、無事生きてますの報告でした。

「バクマン。」感想:ジャンプ的ヒットの法則解説漫画

 今日、本当にたまたま「バクマン。」という漫画を読んだ。登録しているコミックサイトで無料だったので。

 単体でもちろん面白い作品として楽しめたんだけど、「鬼滅」にハマった後だと、余計に(なるほどー…!)と腑に落ちることが多かった。

 有名作品だし、多分同じことはとっくに漫画ファンの誰かが見つけて、指摘しているだろうけれども、自分の中での発見ということで書く。



 ある日、少年二人が出会ってプロの漫画家を目指すというところから物語は始まる。

 …というとあまりにもざっくりで雑なんだけど、まあ知ってる人は知ってるだろうし、そこが大事なところじゃないから省略。

 頭がよく、文才に恵まれた高木秋人は、大量の漫画を読み込んでヒットの法則を見つけ出す。

 で、この漫画、「漫画を作るとはこういうこと」と、ジャンプの編集部を舞台にかなりリアルに作り込んでくれているので、これからプロ漫画家を目指す若い人にとっても指南書になるくらいなクォリティなんだけど、ここで語られる「法則」を、「鬼滅」はすべて満たしているのだった。



「ヒット作に共通するのは、刀だ」

と高木は看破する。

「ONE PIECE」、「BLEACH」、「銀魂」、「NARUTO」…とヒット作が挙げられていて、私もそれらは知っている。だけど、「刀」というアイテムが共通項だとは気づかなかった。

「……! 確かに!」

と、膝を打つ思いであった。




 上に挙げた作品は、ジャンプの王道・THE☆バトル漫画でもある。

 だから、持ち込みしてくる新人は皆バトル漫画を描いてくる。王道で当てるのは狭き門となっており、主人公である真城&高木のコンビの作風には合わないから、敢えて王道を外した方向で掲載を勝ち取ろう、ともちかける担当編集。

 掲載されることは大事なんだけど、「当たる」のはやはり王道のバトル漫画であることも事実。

 そこのジレンマで悩むことになる。




・主人公が魅力的でキャラが立っている

・バトルに正当な理由がある

・敵キャラが主人公と同等かそれ以上

・可愛いヒロインがいるとなおよい

・シリアスとギャグのバランスが秀逸



バクマン。」で説かれるヒットの法則、「鬼滅の刃」にはことごとく当てはまっている。

 主人公の炭治郎は、熱血漢で正義漢、まっすぐで心優しい少年漫画ヒーローとして申し分のないキャラクターだ。

 だけど、まっすぐすぎて時々空気を読まないところとか、天然なところとか、適度に抜けていて、絶妙のタイミングでギャグが来る。

 貧しくとも家族で幸せに暮らしていたのに、ある日突然、その幸せを奪われた。「家族を惨殺された」とあれば、炭治郎が鬼を殺そうと鍛錬を積み、闘いの場に出るのに、これ以上正当な理由はない。

 でさあ、「鬼滅」の成功のカギって、禰豆子のキャラだと思うんですよね。これも多分2万番煎じくらいだと思うんで、あまり大きな声で今更言えないですけど。

 小さくって携帯できちゃうんですよ。そして何より、喋らないんですよ。これ大事。弱き者として守られる存在でありつつ、鬼だからいざというときは箱から飛び出て戦線に加わる。

 で、「妹」キャラ。

 最強。

 

 

 ここまで挙げた点に加えて、「努力・友情・勝利」というジャンプ漫画の三大要素も漏れなく盛り込んでいるのが何気に凄い。

 炭治郎は最初から強いわけじゃない。努力によって呼吸を習得し、強い鬼を倒す力をつけていく。

 善逸、伊之助も、最初は我が強く、バラバラの方向を向いていたのが、徐々に仲間としての意識が芽生え、友情が育まれていく。

「無限列車」で腹に怪我を負った炭治郎を「大丈夫か!」と伊之助が心配するくだりは、もうそれだけで涙が出た。

 

 

「当たる」と大きいのが漫画の世界。

 多分今も、デビューを夢見て漫画を描き続けている人たちが大勢いる。

 どうすればヒットするか、知恵を巡らし、過去のヒット作を研究して、計算し尽くして話を作っているはずだ。

 だけど、そんな中、本当に「当たる」のはほんの一握り。で、どれが当たるかは蓋を開けてみないと分からない。

鬼滅の刃」のメガヒットは、社会に一大ムーブメントを巻き起こし、コロナに疲れたこの国の大人と子供を元気にしてくれたと思う。

 よく作り込まれた作品だから、分析のし甲斐もあるというものだけど、いわゆる「ヒットの法則」はきっちりと踏襲していた、という話。

 

 

バクマン。」、まだ最後まで読んでないのでアレですが、書くこと・作ることに興味があり、「鬼滅」が好きな人で、まだ読んだことがないという人がいれば、是非是非おすすめです。

 二重三重の意味で楽しめる。

 大場つぐみ小畑健デスノートコンビの引き出しの多さにも感心。

 

 

 

 

 

 

 

 

アニメ「鬼滅の刃」感想 ※ネタバレあり

 こんばんは。今宵も閲覧いただきありがとうございます。



 いい季節になりましたね。吹く風が気持ちいい。

 朝と晩が冷えるようになってきたけど、まだ寒いというほどじゃない。

 晴天の夜は、低い位置にオリオン座が見え、虫のすだきも耳に心地よく、ああ、秋になっていくなあ……と噛みしめております。

 一年で一番過ごしやすい時期じゃないですかね。

 中秋の名月は、残念ながらこちらは曇りで、うろこ雲の向こうに月があるのはかすかに分かったのだけれども、綺麗な満月を見ることは出来なかった。

 翌日は霞のような雲の上に、ほんの少し丸が欠けた十六夜を鑑賞することが出来ました。




 さて、「鬼滅の刃」について、私は以前こんな記事を書いたのだけれども、

 

ktdmtokttn.hatenablog.com



 このとき、まだそれほどハマってなかった。

 今回、「無限列車編」地上波初放送のために特別編集版を見て、編集されていない元のやつを見たくなって、また一話から全部見た。

 そしたら、足元に「鬼滅」沼が口を開けた。



(なんだなんだ……面白いぞ……動画再生が止まらん……)



 特別編集版はもう5周くらいしてる。

 そっち見ながら、編集でつまんでない方の全26話も繰り返し見た。

 何でやねーん!と、つっこむ向きもありましょうが、それに対する返答は

 

「面白いから」

 

 これ以外にない。



 私はヒマを持て余しているわけではない。社会人として普通に働いている。

 というか、前々から度々書いているように、割と激務なんじゃないかと思う。

 だけど今、貴重な余暇を割いて「鬼滅」を鑑賞している。録画を繰り返し見て、アマプラの動画を見て、SNSで情報を漁るのに余念がない。

 知ってる。この、常識を超えたハマり方、私は既に経験がある。



「推し」がある生活は尊い。あるとないとじゃ大違い。

 この世に好きなものがあるだけで、世界は彩豊かになり、輝きに満ちて眼に映る。

 

「推しは推せるときに推すべし」

 

 ということで、欲望の赴くままに「鬼滅の刃」という作品を堪能し尽くしております。



 なので、今夜の「無限列車編」、心待ちにしておりました。

 間に合ったよ……!




 去年、この映画が一大ムーブメントを巻き起こしていたとき、SNS

「煉獄さぁぁぁん!!!」

という叫びが満ちていたことは知っていた。

 ああそう、この流れは知ってる、知ってるけど……と思いながら、私もやっぱり叫ばずにいられなかった。



 煉獄さぁぁぁぁーーん!!!(涙)




 か、悲しい……

 二次元のキャラであることは承知しているけど、でも悲しい……

 てっきり炭治郎はしのぶさんとこの次は煉獄さんとこに行って、継子としての修行を始めるのだと思っていたのに……

 炭治郎が次の師とするにふさわしい技量と器の持ち主だったのに……




 無限列車を操る鬼・厭夢、強敵だったけど、割とあっけなく滅んだから、

(あれ、でもまだ映画中盤……)

と思ってたんだよね。いや、コミックで先を読んでるんだけどね。物語を追っていると、キャラに感情移入して見てるから、都合の悪い事実は脳が消し去っちゃうのよね。

(もしかしてこのまま上弦の気持ち悪いアレは出て来なくて煉獄さんが生き残るエンドがアリなんじゃ…)

なんて、仄かな希望を抱いて見てしまうのよね。




 いやでも、出たわ。アイツ。

 声は石田彰。役者として不足はなし。

 



 悲しかったけど、ストーリーとしての見ごたえは十分でした。

 今や漫画もすっかりハマって読んでるけど、やっぱり「鬼滅の刃」がここまで盛り上がったのは、アニメの演出が素晴らしいからだろうなあ、と思う。原作でちょっと言葉足らずなところも、ちゃんと説明してくれて、分かりやすくなってるし。

 煉獄さんと鬼との死闘、カメラワークと効果音、そしてBGMで、感情を全部持っていかれました。

 



 炭治郎が大粒の涙をぽろぽろと流し続けるのも悲しいんだけど、伊之助が……あの伊之助が、ぶるぶる身体を震わせて、被り物から涙を溢れさせてるのがまた泣ける。

「信じるって言われたなら、応えること以外考えるんじゃねぇ…!!」(意訳)

だって! 鼓屋敷で小さなてる子の身体を容赦なく踏んづけてたあの伊之助が……!



 うわぁぁぁん( ノД`)




 いやもうフィクションの登場人物の死にこれほど泣いたの久しぶりだわ……

 目玉が溶けて流れ出るんじゃないかというくらい泣いたわ……

 

 

 明日両目が3になってるだろうな……

 

 

 というわけで、無事世間様のブームに追いつきました、という話。

「鬼滅」は、面白さを理解出来てよかったぁ!と思いました。だってやっぱり楽しいもん。

 で、劇場版の放送の後、新しいお知らせがあって、「遊郭篇」が始まるとな。

 ということは、最終回までアニメで追えるってことなのかしら。

 いいですねーこういう流れ。理想的。

 アニメなら、演者が変更される恐れも比較的少なそうだしね。




鬼滅の刃」については、時間が許せばまた書きます。

 なかなか奥が深い作品どす。

 

 あ、でも、未だに

「鬼滅の魅力がサッパリ分からん」

という方々はいると思います。それはもう好き好きなので当然のこと。

 何かを好きになる、度を超えてハマるというのは、時間的精神的に余裕があって、タイミングが合わないと起こらない現象だ。

 人の「好き」に文句をつけない、干渉しない、これは以前の記事を書いたときと私の持論は変わっていません。

 

「推しは推せるときに推せ」

 

「他人の推しには口を出すな」

 

 これを厳守していけば、どんなヲタ沼も平和が保たれるのではないでしょうか。

 ね。

 

 

 

 

ワクチン接種第一回目

 ワクチン接種行ってきました。

 自分のための備忘録。



 

 今回私が住む自治体で打つワクチンはモデルナ。

 1回だけならいいけど、4週間後に2回目を打たないといけないという縛りがあるため、平日ではなく、日・祝日でもやっている大規模接種会場を選択。

 大きな運動施設がワクチン接種用に解放されていた。

 最寄り駅で降り改札を出ると、目に飛び込んでくるのが

「ワクチン接種会場こちら」

という大きな文字の張り紙。

 駅と会場を運行する臨時の専用シャトルバスがあったのですが、迷わないよう、見誤らないよう、看板をきちんと示してくれていて、まごまごする場面はなかったです。



 会場に到着すると、もっと凄かった。

 バスから降りて、会場の入り口までおよそ1分くらい。通路の左右にスタッフがいて、

「入り口はこちらでーす!」

「予診票を用意してお進みくださーい!」

と声掛けしている。

 予診票を手に持って入り口に着くと、「ハイ」とスタッフが手を挙げて、

「こちらです! 二手に分かれてご入場ください」

とテキパキ指示を出す。

 ここで、予診票の書き込みの確認。すべての項目に正しくチェックがついているか、記載内容に間違いがないか、口頭で聞かれる。

「ハイ、では、次にお進みください」

 次が受付。1から17くらいまであったと思う。各受付にスタッフが2人から3人はいた。ここで再び、名前、記載事項の確認があり、

「ハイ、では、次にお進みください」

とこの繰り返し。



 通路にはすべて色テープで矢印が引かれ、順路を示してある上、数メートルごとにスタッフが立っていて

「こんにちはー。こちらでーす」

と導く。分かれ道には必ず「立ち入り禁止」のマークがあり、迷い込む人がいない作りになっている。

 あっと言う間に医師の問診ブースに到着し、そこで問題がなければ、ワクチン接種ブースへ導かれる。

「ハイ、腕をだらーんとさせてくださーい。ちょっとちくっとしますよー。ハイ、終わりました」

 筋肉注射は全然痛くないと聞いていたけど、予想よりは痛かった。でも別にどうということはない。

 打ち終わると、ただちに待機会場へと移動する。ここでは、接種時間ごとに分かれて座り、アナフィラキシー重篤な副反応が出ないかどうか、15分ほど様子を見る。なので、周りを囲むスタッフに看護師が混じっている。

 時間が来ると、声掛けのスタッフが

「〇〇分接種の皆さん、ハイ、お疲れ様でした」

と退出を促す。

 入場から退場まで30分弱。待たされる場面は全くなかった。

 ともかく全てがシステマティックで、整然とことが運ばれていた。

 あの会場、スタッフが全部で何人くらいいたんだろう。150人はいたような。

「こんにちはー」と挨拶して頭を下げた相手だけでも、30人はくだらなかったと思う。




 いやー、なんというか、「国民全員にワクチン2回接種」という一大プロジェクトに賭ける「国の本気」を見た気分。

 何かと叩かれるけど、新型コロナウィルスはまだまだ分からないことが多く、人類にとって未知の感染症によるパンデミックに対する対策として、(よくやってる)という印象だった。

 改めて、こうした事業に関わる医療関係者、すべてのスタッフに感謝。




 さて、副反応ですが、打った当日は何も症状がありませんでした。

 翌朝起きてみると、38℃超えの発熱。後から知ったのですが、一度コロナに罹った人は、1回目で普通の人の2回目くらいな副反応が起こることが多いんだそうな。

 一応鎮痛解熱薬を飲んだんだけど、あまり効かなかった。夕方になっても38.3℃。

 夜の21時をすぎてようやく、37℃台に下がってきた。

 注射を打った場所は多少痛むけど、腕が上がらないとか、そういうことはない。頭痛、倦怠感も、あると言えばある…?くらい。

 まあでも多分、ここから数日は用心しておくべきか。




 知り合いの知り合いの話。

 ワクチン接種した当日、いつもの通りジムに行って筋トレをしたそうです。その夜就寝して、朝布団の中で亡くなっていたとのこと。

 ワクチン接種後に亡くなる人がいるのはニュースでも知っていたけど、でもこれ、難しい話ですよね。

 こうして大規模にワクチン接種を進めている=打つ人が多いから、たまたま病気が発症したタイミングとかぶったのかもしれないし。

 ワクチンの副反応の一つに「心筋炎」があるとされている。なのでやはり、接種後数日はあまり激しい運動はせず、様子を見た方がいいだろうと思います。

 というわけで、

(しばらく筋トレ出来ん……!)

と思って、接種当日の朝早起きして、ハンドクラップを踊り狂いました。

 これ、めっちゃ楽しい!

 

www.youtube.com

 背中とか足とかぎしぎしいうまでやった。

 満足。



 にしても、1回目でこれなら、2回目どうなっちゃうんだろう。

 多分、既に抗体はあるだろうから、抵抗力は高まっていると思うけども。



 これから打つ皆さんもお気をつけて。

「おっさんずラブ」第四話⑦ 分岐点

 いやー、第四話、書いても書いてもレビューが終わらない。

 まだまだ先があると言うのは、私にとって至福の状態ではあるんだけど、

「いつ何があるか分からない」

ことを思うと、健康で、状況が許すうちに「了」の字に辿り着かねば、という思いもある。

 書き始めて3年(!)経つというのに、まったく衰えない私のOL愛よ。




 前項の続き、居酒屋わんだほうでの場面。

 春田家の食卓に次いで、わんだほうでの場面も多いけど、第四話のこの場面は特に、「おっさんずラブ」全体を通して「分岐点」となるエピソードなんじゃないかと思う。

 そんなに長いシーンじゃないんだけど、ともかく情報量が多いんだ。

 

①ちずが春田の彼女のフリをする

 

 牧と部長だけでも持て余してるのに、さらに武川さんまでが自分を巡る恋のバトルに参戦してきたと思い込んだ春田が、ちずにお願いしたあの作戦ね。

 しかし、春田が考えた「周りにちずが彼女だと思わせるためにやること」リストの内容がヒドイ。笑

 

・「あーん」

・口についた食べ物を拭いてくれる

・火傷した指をフーフーしてくれる

・「酔っちゃった」と俺にもたれかかる

・「ねぇねぇ」からの「呼んでみただけ~」

・俺のこと何でも知ってるアピール

 

「あたし、人前でこういうことやる女大嫌いなんだけど!」

と嫌悪感を露わにするちず。うん、私もキライ。みんないる前でこんなことやるカップルいたらどつきたくなりそう。

「彼女らしいことあんまり思いつかなかったんだよ…」

とぼやく春田。例えば「彼女 人前 仕草」とかのワードでネット検索して、イキってみせるとか、そういう、自分をよく見せようと妙にカッコつけたりしないのは、春田のいいところだ。この素直さ、大変好もしい。

 にしても、恋愛偏差値の低さが丸分かりで恥ずかしいけれども。笑

「焼肉奢ってもらわないと割に合わない。特上タン塩!」

というちずの要求はもっともだと思う。



 春田に言われた通り恋人らしい演技につきあってあげるちず。

 鉄板焼きを持ってきて、火傷したフリで

「あちぃぃぃ!!」

大げさな声をあげた春田に、やっぱり大げさに

「大丈夫~!?」

と声をかけて、両手の指を掴んで「ふー、ふー、」と息を吹きかけてあげる。

 ちずにアプローチ中のマロには効果てきめんで、間髪を入れず

「ちょっとちょっとォ!!」

と抗議のツッコミが入るんだけど、気の毒なのは、真正面から被弾した牧だ。

 ここで、牧は何も言わない。表情もほとんど変わらない。

 ただ、まばたきをして、すっと視線をそらしただけだ。

「なんすかソレ。腹立つなぁ~!」

と大きな声で言うマロと対称的に、牧は内心の動揺を表に出さない。

 だけども、あの大きな瞳が伏せられ、下を向くと、画面のこちら側で我々視聴者は牧の心を読み取ってしまう。

(ちずさんとあんなに仲良かったんだ)

(やっぱりな)

(そりゃ、俺なんかに好かれたってしょうがないよな)

(春田さんだって、ちずさんの方がお似合いだ)

と、このコンマ何秒でこれくらいのことを思っていそう。 

 牧の表情や仕草には、そこまで我々に感じさせる余韻が漂っている。



②春田、黒澤部長に面談を申し込む

 

 ここまで、恋に生きると決めた黒澤部長からの押せ押せ攻撃を一方的に食らい続けていた春田、第四話中盤に来てようやく、自ら一歩踏み出す。

「妻に、何か言われてない?」

「ちゃんと、話するから」

 と部長の方は相変わらず、「妻との話し合いがきちんとしたら、はるたんとのおつきあいスタート♡」という路線で話をしているんだけど、ここでの春田は、武蔵の勢いに押されるばかりじゃない。

 取られた手を外し、自分から手の平をかぶせて、武蔵の手をテーブルに置く。

 そして、

「僕からも、部長にお伝えしたいことがあります」

と、まっすぐ目を見て告げるのだ。

「…分かった」

と答えた武蔵、はるたんから視線を外してしまう。

 この先のなりゆきを薄々察しつつあるのが、せつないと言えばせつないのだが…

 にしても、生クリームレバー丼、ホントに旨かったんか武蔵?



③春田×ちずのフラグが立つ

 

「春田!」

不意にちずが呼びかけてきて、黒澤部長の目がすがめられる。

 ちずはちずで、この日の自分の「任務」をちゃんとやろうと思ったのだね。エライ。律儀だ、ちずちゃん。

 そんで、春田のメモにあった

・口についた食べ物を拭いてくれる

 を実行しようとやってきたんだな。

「あ! 口のまわり、いっぱいついてるよ」

 春田、察して

「え……え、ホント?」

と調子を合わせる。

 だけど、そこからがまずかった。ちずはサッパリしてて気立てがいいけど、割と雑なところがある。テキトーに春田の口周りを拭いたもんだから、乱暴に扱われた春田、

「もっと優しく!」

と抗議する。

「はぁ!? もーやだ、1人でやって!」

 怒ったちずが向こうへ行こうとするのを、春田が引き留めようと手を引っ張り、そのまま二人が抱き合う形になって、トゥンク……という、少女漫画の王道みたいな展開。笑




 そう、ここまで、気のいい幼馴染で、よき相談相手でもあり、完全な「友達」ポジションだったちずが、春田の相手としての可能性が急浮上するのだった。

 この場面での春田は、「男にばっか言い寄られて困ってるけど元々はどストレートの巨乳好き」。少なくとも本人の自己認識は完全にノンケ。

 だから、常に傍にいて、仲良くしているちずのことは、もちろん嫌いじゃないし、「憎からず思っている」程度の好意はあるのだ。

 ちずもちずで、マイマイ

「二人はつきあってるの~?」

 と聞かれたときには、「絶対、ナイです」と春田との交際を強い口調で否定していたけど、ここでは気まずくもドキドキしてしまって、春田と目を合わせられなくなっている。




 目の前で見せつけられてしまった武蔵。

 去っていくちずを横目で見て睨んだあと、ふと我に返ったように、顔が曇る。

(でも、そりゃそうか……はるたんにはああいう、年下の若い女の子の方がお似合いか……)と、やるせなく感じたりしているのだろうか。

「ビール二つ!」

というマロの声にも、あからさまな苛立ちがあるから、近くにいた牧も見ていたかもしれない。

 ……いや、見てるだろうな。絶対。春田と部長が近づいてやり取りしている辺りから、牧も気になって見ていたはずだ。画面では描かれていないけど。

 だからこの作戦、春田の目論見通り奏功しているんだけど、多分誰よりもダメージが大きかったのは牧くんだと思われる。

 牧くん。。。(´;ω;`)




 第四話のこの場面、登場人物たちの関係が目まぐるしく動き、それにつれて心も揺れ、この先に繋がっていく。

おっさんずラブ」の面白さがぎゅっと詰まった場面だと思います。